読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れでLIVEに行きたいな

大好きな音楽やライブの感想(レポではないw)を気の向くままに書いているブログです。

[2016.10.9]BLUE ENCOUNT@日本武道館

BLUE ENCOUNT「LIVER'S 武道館」

ブルエン初の武道館公演に行って参りましたー!
ブルエンライブはフェスと対バンでは見てるけど、ワンマンはお初です。

ソールドアウトの武道館。
二階の最後列の立ち見まで入ってました。
1.2階も北座席以外は使用してパンパンの客入り。
アリーナは座席ありの指定席。
スタンディングじゃないブルエンは初めて見た。
モッシュ等がないブルエン、ちょっと新鮮。
そして意外にも30overな年代も結構いて年齢層が高かったのが驚き。
※私のお席の周辺情報です。席ありだしね。

 

音源は殆ど持ってるし、だいたい曲も知ってるはずと思っていたら、半分位は分からなかった....。
でも、ぜんぜん問題なかった!

楽器それぞれの見せ所も多いし、Vo.田邊くんの声もフェス仕様(連日無理してるんだろーなの声)ではなくて、武道館のためにきっちり体調管理してきたんだろうなーと、想像できる位に良かった。

初武道館の意気込みなのか、2時間半に詰め込みすぎって位の内容盛りだくさん。
Dr.高村くんのDJ高村ステージ、 一曲丸ごと炎の演出(結構な炎の量でしたww)、ウェーブ指示、ストリングス4人を加えて2曲、Gt.江口くんへのギターのプレゼント、新譜&ワンマンツアーの発表、銀テだけじゃなくメッセージカードも大量に飛ばす。などなど。いま思い出したのだけでも、大容量。
初武道館、嬉しいのは分かるけどね...。


ところで。
曲の前振りのMCが長い件。
ブルエンの売りなんだろうけど、濃厚なMCが今回は更にパワーアップ。
日常はつらさ7割、楽しさ3割だろ?ってVo.田邊くんは言ってたけど、共感できず。
私なんて、楽観的に生きてるから、つらさ0.5割、楽しさ9.5割ってとこだよ。
いま現在、辛い思いしてる人とかには響くのかもしれないけど、私にはちょっと重過ぎた。
まぁ。武道館仕様?ここで泣かずに何処で泣く?って気もするけどww

 
ただねー。
演奏や歌で十分伝わると思うんだけどね。
言葉にしたいのが田邊流かしら。

演奏も歌も凄く良かったのに、MCの重さにちょっと胸焼け気味な感じになってしまった。
ワンマンより、さらっと対バンorフェスの方が私的には居心地が良い気がした。
彼らの熱すぎる想いは十分に伝わってきたけどね。

途中のMCやらでお仲間のバンド名が沢山でてきた。
フォーリミ、オーラル、キートーク、マイヘア、アレキ、カナブーン、まだあったかな?
前にフォーリミのGENくんがこのシーンの仲間みんなで上にあがっていきたい。って話してたMCを思い出した。
こうやって、邦ロックシーンが盛り上がってきてくれることは、ホント素晴らしいことだと思う。
箱が大きくなるってことだけじゃなくてね。
ブルエンは、彼らにしか担えない部分もあると思うから、今後の活動も楽しみ。

 
ラスト。
メンバーのメッセージカードを大量ーに発射。結構な量だけど、ちょっと大きかったのか飛びがいまいち。ステージ前にほとんど落ちてしまい(ステージとアリーナ最前列までの距離がね....空けすぎじゃないかい。)、スタッフさんがかき集めて帰り際に配ってくれました。
そういう心遣い、嬉しいね。

 

 

Set List

1.DAY×DAY
2.HALO
3.MEMENTO
4.声
5.Survivor
6.アンバランス
7.JUMP
8.HEEEY!
9.ONE
10.ANSWER
11.YOU
12.はじまり
13.LAST HERO
14.JUST AWAKE
15.THANKS
16.LIVER
17.ロストジンクス
18.だいじょうぶ
19.もっと光を

 

EN

20.新曲
21.NEVER ENDING STORY
22.HANDS

 

 

田邊くんのMCにも出てきてたけど、お次はフォーリミの初武道館。
アリーナはオールスタンディングになるようなので、普段通りの景色になるのかな?
私は息子ちゃんとスタンドからの参戦になるけど、 初の武道館、ちゃんと見届けたいな。
もう古い考えなのかもしれないけど、やっぱり武道館は特別な会場だと思う。
フォーリミチームがどんな想いで武道館に望んでくるのか楽しみで仕方ないな。