読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れでLIVEに行きたいな

大好きな音楽やライブの感想(レポではないw)を気の向くままに書いているブログです。

[2016.10.30]ユニコーン@横浜パシフィコ

小中学生のときに、一番大好きだったバンド。
中学生になってからは、地元と近県と武道館には必ず行っていて、お年玉はほとんどチケット代に注ぎ込み、ユニコーンの載った音楽雑誌は片っ端から買う位にどハマリしていた。
当時から雑食だったから一筋ではなかったけど、ナンバー1だったユニコーン

解散発表した時は中学生で、好きなバンドの解散に初めて直面し、悲しくてユニコーンの曲が聴けなくなって、初めての失恋よりもショックだった記憶があります。
受け入れられない感情みたいのが、物凄くあったような気がする。
若かりし頃の独特の感情でしたねー。
今はもう抱くことのないだろう感情....(←遠い目ww)

最後にユニコーンのコンサートに行ったのはいつだったのか?昔すぎて思い出せないので、ウィキペディア先生の記録から思い出してみました。
ラストは1993年6月28-30日の3Daysの日本武道館と判明。
ユニコーンとしての彼らを見るのは、かれこれ23年ぶりとなりました。
(ラストツアーは川西さんじゃなかったけど...)

復活ライブのチケットが取れなくて、それ以来何となく遠のいてしまっていたけど、仲良しのママ友もユニコーンが好きだったことが発覚したのをきっかけに、久々すぎるユニコーンライブへ行ってきましたー。

 

 ユニコーン ツアー2016『第三パラダイス』
@パシフィコ横浜 国立大ホール

お客さんは、40歳前後のご夫婦と思われる方や親子連れも多かったけど、20代以下と思われる若い子たちも、結構見かけました。
復活後からの若いファンもちゃんと付いてるようで、喜ばしいです。

本編はひたすらユル〜い感じで進んでいったんだけど、時折ものすごくキレキレの音を差し込んできて、ちょいちょいカッコイイ。
緩急が絶妙すぎ。
茶番劇のなかにも滲み出る演奏力の高さ。
凄いなー。カッコイイ。
めいっぱい笑わせてくれるのも、さすが。

子供の頃好きだったバンドが今も変わらずカッコ良くて、嬉しかった。

そうそう。ラストの銀テープ。銀テが飛んでから本編終了まで長い長いww
あれっ?もう終わり?と思ったのに、全く終わらないww
更にビックリしたのが、ファンの皆さんが銀テに飛びつかない。
大人の余裕なのか?みんながっついてなくて、普通に銀テが床に落ちてるのが、衝撃的でした。
私はまだその域には行けないww
とりあえず欲しい。銀テ...。

 

 

Setlist

01. サンバ de トゥナイト
02. すばやくなりたい
03. 頼みたいぜ
04. 与える男
05. オーレオーレパラダイス
06. 僕等の旅路
07. 道
08. CRY
09. マイホーム
10. 第三京浜
11. ハイになってハイハイ
12. エコー
13. オレンジジュース
14. BLACKTIGER
15. TEPPAN KING
16. Boys&Girls
17. 大迷惑
18. 風と太陽
(EN1)
19. マッシュルームキッシュ
20. WAO!
(EN2)
21. Feel So Moon